安心の国産・無添加・無着色のペットフード
↓ ↓ ↓

人間も食べられる厳選素材のキャットフード

みぃやさんが亡くなってから半年以上・・・今にして思えば、もっとちゃんと猫がかかりやすい病気を勉強しておけばという思いがあります。餌選びも真剣にやってたら良かったかなー(。>_<。)

市販のペットフードには添加物がいっぱい入ってるなんて、知らなかったよー

日本の法律では、ペットフードの法律基準が甘いらしい、と知ったのも慢性腎不全になってから
(国内にはペットフードを規制する法律が無いので、ペットフード協会というところが自主規制してるだけ)

【ペットフードに入ってる主な添加物】 猫も犬も同じ
・長持ちさせる為の「酸化防止剤」 エトキシキン・ブチルヒドロキシアニソール・ジブチルヒドロキシトルエン
(ガソリンや石油用の酸化防止剤を多用してるメーカーも・・・)

・色を鮮やかに見せる「着色料」 赤色○○ 青色○○

・沢山食べるように仕掛ける為に入ってる「甘味料」 ソルビトール
(合成甘味料が含まれる事が多い)

・カサを増す為に混ぜられるビートパルプ (サトウダイコンの絞りかすなど)

・肉の質感を出す為に弾力を持たせる保湿剤 プロピレングコール

人間が食べつづけると危険と言われてる物質も混ざってるΣ(・ω・ノ)ノ
ペットフードは基準が甘いので、どうしても利益優先のフード作りしてる会社のものには含まれてしまうらしいんですよねぇ

なので、ちゃんとしたメーカーから購入する方が安心なのです。
ペットの法律が厳しいところで承認を得たものを与えるのがベスト φ(..)メモメモ

英国の国際規格SAI GLOBAL Aランクのペットフードで、人が食べても大丈夫な素材を使ったものが今注目されてました。慢性腎不全になるまえに食べさせたかった(。>_<。)
>>愛猫の食欲をそそる香りと味わい!プレミアムキャットフード『モグニャン』

8月 1, 2017 · Posted in ペットフード  
    

Comments

Comments are closed.